ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオVer.X3のネタバレですが、鬱陶しい細かな演出が点在しています。

どこか白石晃士の実験的なお試し間が強く漂っているのですが、いってみましょう。

Sponsored Link

ほん呪Ver.X3の各章のネタバレ

ほんとにあった! 呪いのビデオVer.X3の最初は洒落たBGMにのっかり、過去のVer.Xシリーズの投稿映像や取材記録を素材に作ったオープニングムービーから始まります。

なかなか顔立ちの良い演出補の菊池峰生がインタビューをし、それを撮影しているのが白石晃士という形で進んでいく。

登山

あなたは山を登りますか?

スローテンポで徐々に広がっていく赤いイメージと供に、上の様なテロップが流れる前置き映像が各コーナーに設けられ、ナレーションは宮川宏司の不自然に澱んだかの様な声色の解説と供に進む。

投稿者の吉村さんと原さんをロケ車に同乗してもらい、問題の映像が撮影された場所に向かうスタッフ。

投稿映像の詳細は友人三人で休日に登山に出掛けたが、下山中に偶然、廃屋が立ち並ぶ場所を発見した。

不気味に感じたものの、彼らは一軒一軒、廃屋を見て回ることにして、その模様をビデオに撮影した。

その後、吉村さんと原さんに同行したもう一人の友人は原因不明の高熱を出した後に死亡している。

演出補の菊池峰生とスタッフは投稿者に連れられて、問題の廃屋が立ち並ぶ場所へ向かった。

切り立った断崖をかき分けて登山している彼らの周りには無数のゴミが散らばっている様子が映し出されている。

山の中腹に忽然と姿を表したのは乱雑に倒れた木々とボロボロの数多くの廃屋であった。

菊池は投稿者らに問題の映像が撮られた経緯を詳しくインタビュー。

その後、問題の映像が公開される。

当時、登山をしていた二人をひいて捉えるカメラ映像であるが、うっそうと生い茂った木々の間に、白く光ってる人影が映っていた。

取材中、投稿者の原さんが突然、体調不良を訴えだした。

急遽、引き上げることになったが、帰路についた車内の様子。

原さんは口元をおさえて、終始、具合が悪い様子であった。

後日、吉村さんから改めて投書とビデオテープが送られてきた。

それによると最初に投稿したビデオは一部を削除してあるものであるという。

何故、削除したのかというと、元々の映像は高熱を出して亡くなった友人の恥部が映り込んでいたからであった。

それは廃屋で立ち小便をしている映像であった。

更にスタッフは後に投稿者と供に現地で取材した帰りの車内に奇怪なものが映っていたことに気づく。

それは体調不良を起こして俯いている原さんの傍に現れていた。

そこにはくっきりとクマが出来た目でカメラを睨む口を開いた男の顔が映り込んでいたのだった。。

進学塾にて

あなたの後ろに何かいませんか?

公園で投稿者の宮川さんに菊池がインタビューをしている様子からコーナーは始まる。

宮川さんが通っていた進学塾で、高校受験に合格した塾生同士でお祝いパーティーをした。

進学塾の一室を借りて、パーティーをした際に、その様子をビデオカメラで撮影していたという。

そこで奇妙なものを撮ってしまったが、その後、パーティーに参加した塾生の一人が合格した高校を休みがちになっていた。

菊池は宮川さんに連絡をとってもらい、取材をさせてくれるように言ってもらうが、それは叶わず。

だが、パーティーに参加した進学塾の講師が取材に応じてくれることになる。

講師は過去に同進学塾で受験に失敗して自殺した生徒がいることを明かした。

彼は自殺した生徒が合格パーティーに入りたかった為に、映り込んだのではないか?と語った。

問題の映像は講師を交えて数名の女子生徒が盛り上がる様子を捉えている。

その際、彼女たちの背後にある大きなホワイトボードが時折、映り込むのだが、そこに男子生徒とおぼしき影が反射するかのように現れているのがハッキリと映っているのだった。

Sponsored Link

雪の夜に

【投稿者】
椛島健司さん

投稿者の椛島さんは都内に在住の男性である。

東京が大雪に見舞われた際にカメラをもって外出し、町内の風景を記録。

雪が降る中、公園で遊んでいる人間の様子などが収められているが、椛島さんが街灯にカメラを向ける。

街灯の光が降りしきる雪を浮きだたせているが、それとは別に巨大な男の顔が現れているのだった。

観覧車

あなたは観覧車が好きですか?

投稿者の草野さんは恋人の有井さんと供に遊園地デートした際に、ビデオカメラを回していた。

菊池らスタッフは問題の映像が撮られた遊園地で草野さんと有井さんに取材を敢行。

不可解な霊のようなものが映っていたのは、草野さんと有井さんが観覧車に乗った際に映ったものである。

問題の映像は彼らを見下ろすかのように観覧車の他ブースから少女が見つめている様子が捉えられた奇怪な映像であった。

二人が乗った観覧車の前後の他のブースには、誰も乗っていなかったという。

スタッフらの要請で再び同じ状況で撮影してみるという検証が行われることに。

階段を上る草野さんと有井さんを下から撮影するスタッフであるが、ミニスカートの有井さんがそれを気にするかの様にしている映像が収まっている。

検証してみるも、特に変わったことは無い。

しかし、菊池が園内の従業員から得た情報によると、遊園地の駐車場で2年前に事故に巻き込まれて亡くなっている少女がいたという。

菊池と白石は検討を重ねて、亡くなった少女の身元を調査することに。

少女の両親の家を突き止めたスタッフは取材依頼をするものの、父親に制止されてしまう。

ところが後日、母親が問題の映像を見てみたいと菊池に連絡をとってくる。

再び父親がいない時に訪ねていき、問題の映像を母親にみてもらうと、顔の雰囲気が亡くなった娘に似ているとつぶやく。

母親の証言によると、2年前に家族三人で遊園地に遊びに行った際、駐車場に車を停めてから娘さんからちょっと目を離した時に、場内を猛スピードで駆け抜けてきた車に娘さんが撥ねられたという。

それが元で亡くなるのだが、娘さんは生前、観覧車が大好きであったという。

母親は涙をこぼしながら、『(今でも)観覧車に(娘が)一人で乗っているとしたら、きっと寂しいだろうなと・・・だから今度、主人とあの観覧車に乗ってみようと思います・・・。』と語った。

電車の窓に

あなたは電車に乗りますか?

投稿者の金井さんは一か月くらい前(取材時より)に仲間内の飲み会があった。

カメラを回す趣味があった金井さんは飲み会の時にも持参し、映像を撮影していた。

テープが余ったので、帰りの電車でも友達を映しながらの撮影をしていたのだが、電車の窓に妙なものが映ってしまったという。

その後、友人が電車に轢かれてバラバラになるという悪夢を頻繁に見るようになり、不眠症気味になってしまったという。

スタッフらは金井さんが映像を撮った時と同じ路線の電車に乗り、カメラを回してみることになる。

当時と時間も同じ形で再現をしてみたが、そこには何も映らなかった。

ここで問題の映像が流される。

映像では早朝の電車内で金井さんと友人が変わりばんこに、しりとりをしながら撮り合いをしている様子が収められている。

金井さんから友人にカメラが渡される一瞬、窓の外の風景に白い手のような影が現れているのだった。

その後の調査で判明したのは、問題の映像が撮影された路線では自殺が多発しているということであった。

Sponsored Link

線路上の影

偶然にも【電車の窓に】で紹介された路線で別の投稿をしてきた人間がいる。

投稿者の横山さんは実習に使う映像を撮影する為に、金井さんが問題の映像を捉えた2㎞ほど離れた場所で走る電車と線路を捉えていた。

スタッフルームでプロデューサーの大橋孝史が横山さんの投稿映像を分析している様子を公開。

映像は夜の電車が線路上を疾走していく様を捉えているもの。

カメラは線路の上から見下ろすような形で撮られている構図であるが、電車が奥からライトを点けて向かってくる際、白い霧状のモヤのようなものが映り込んでいたのだった。

誕生パーティー

投稿者の稲原さんが送ってきた投稿映像は、大学生グループがとある寺を借りて誕生会パーティーを行ったときのもの。

誕生ケーキを囲みながら多くの学生たちが歌をうたいながら祝福している。

ケーキのロウソクの火が消されて、寺内に電気が点けられたとき、背後の襖が映る。

襖は少し開けられているのだが、その隙間から学生たちを睨みつける課の様な細長い男の顔が映り込んでいた。

添付メール

あなたのパソコンに奇妙な画像は届きませんか?

投稿者の丸山さんのパソコンには奇妙な画像が添付されたメールが頻繁に届くのだという。

菊池とスタッフは丸山さんの自宅アパートに向かい、丸山さん本人に経緯をインタビュー。

それによると、半年に渡り差出人不明のメールが送り続けられているという。

添付されている画像は薄汚いどこかの室内からドアを狙って撮られているものである。

送り続けられている画像を見比べると、そのドアは徐々に開いているという変化が見受けられるものであった。

1枚目は閉じているドアは、300枚目にもなると人一人が通れるだけの隙間があるくらいにドアは開けられている様子が写っていた。

送信者の目的など不明のまま、スタッフは丸山さんから画像データを拝借し、動画にしてみることに。

すると、何もない壁に何かが浮かび上がってくる様子が確認できるように。

画像を180度転換して見ると、浮かび上がってくる何かは明らかに人間の顔であった。

無表情の頬骨が突き出たかのような男性の顔が現れていたのだった。

彼女の秘密

あなたの恋人は過去を隠していませんか?

投稿者の森山さんが投稿してきた映像には恋人が目立つ形で撮影されている。

その映像の中には不可解なものが映っていたというが、その後、恋人は義理の父を刺して重傷を負わせる事件を起こした。

現在、中等少年院に入っており、罪に服しているという。

森山さんはその映像がもしかしたら恋人が事件を起こしたことと関係があるのかも?と、考えていた。

恋人と結局、別れることになった森山さんは取材中も落胆の表情を浮かべていた。

菊池らスタッフは森山さんの恋人の身辺を調査することに。

調査の過程で森山さんの恋人が以前、一緒に住んでいた親友の女性Aさんにいきつき、Aさんからインタビューを取ることに成功する。

彼女の証言によると、森山さんの恋人は中学を卒業してから家出をして、その後、Aさんの元に転がり込んだという。

家出をした理由と言うのも、義理の父との折り合いが悪く、性的虐待も過去に受けていたというのだ。

森山さんの恋人が義父に対しての刺傷事件を起こしたことは、過去の性的虐待が原因とみた菊池は恋人の実家がある場所へ向かう。

しかし、既にそこは別の人間が住んでおり、義理の父親に取材することはできなかった。

これまでの調査でえた情報を森山さんに報告する菊池。

森山さんは更に肩を落として、落胆の表情を隠せない様子であった。

菊池やスタッフがみている目の前でも隠すことなく深くうな垂れる森山さんの姿がそこにはあった。

問題の映像は森山さんと恋人が仲睦まじく食事をしながらペアリングなどをカメラに掲げている様子などが捉えられている。

二人とも微笑みを浮かべて幸せそうにしているのだが、その二人の間に割って入るかのように赤い閃光の様なものが現れている映像であった。

Sponsored Link

バレーボール

投稿者の国松さんが会社のバレーボール大会の模様を撮影した。

カメラは体育館のキャットウォーク部分から映したものであるが、後衛の向かって左の選手の右足が何故か消失している映像が収められていた。

砂嵐・その後

あなたは砂嵐の映像に何が見えますか?

前作、Ver.Xシリーズのメインエピソードである砂嵐の内容を要約し紹介。

スタッフの元には多数の反響が寄せられたが、その中でも一人の投稿者に着目して、取材を敢行する菊池とスタッフ。

菊池は投稿者の川上さんの自宅を訪れることに。

川上さんは元からオカルト関連のコンテンツのファンであり、レンタルなどで借りてきた怖いビデオなどはダビングして楽しんでいるという。

ほん呪Ver.X2を借りた際に、面白く感じたのでダビングした。

X2の最後に紹介されている映像は砂嵐映像の右側に人間の顔が現れるというものであったが、川上さんがダビングしたビデオには左側に複数の顔も確認できたというのだ。

その複数の顔は作品中では言及されていなかったことを不思議に思った川上さん。

それが今回、投稿してきた理由であるという。

菊池はX2のビデオを持参しており、川上さんの自宅のビデオで指摘する箇所を一緒に確認することに。

ところが全く川上さんが指摘する箇所には何も映ってはいない。

少々、焦りを見せる川上さんに菊池が勘違いでは?と、逆に指摘をする状態になり、少々、押し問答する状況になってしまう。

川上さんは自分がダビングしたビデオの方を一緒に確認する様に菊池に迫る。

菊池は納得がいかない様子と言動を吐き続けるが、問題の箇所の砂嵐映像には確かに複数の顔が映り込んでいたのだった。

カメラを回す白石に菊池は驚きの表情を浮かべて、映っていることを認める。

菊池は川上さんにレンタル店でもう一度、X2を借りてくるように頼み、再度、問題の箇所を検証することに。

レンタル店で改めて借りてきたX2には、複数の顔は映っていない。

今度はそのX2を再び川上さんにダビングしてもらい、出来上がった方を検証してみることになる。

しかし、ダビングした方には何も映っていない。

奇妙なこの現象に怪訝な表情を露わにする川上さんと大きく息を吐いて途方に暮れたような言葉を吐く菊池。

一旦、ここで取材は切り上げることになるが、後日、再び川上さんから連絡が届いた。

それは問題のダビングしたビデオをかした友人が体調不良を起こして、治らない状態が続いているということであった。

川上さんが看病をしている友人の大澤悦子さんの住んでいるマンションを訪れて状況を聞く菊池。

大澤さんは酷い頭痛に悩まされていて、喉にも痛みが走り、高熱が冷めないという状態であるという。

更に寝ている時には、川上さんではなく別の何者かの気配と足音を感じるときがあるという。

加えてラップ音が鳴り響くこともあると、川上さんと大澤さんは菊池に告げた。

川上さんのX2のダビングビデオを借りた大澤さんは、更にそれを自分用にダビングしていた。

大澤さんのX2のダビングビデオにも、川上さんのビデオと同じものが映り込んでいた。

体調不良が続く大澤さんは、もうビデオを見たくないという心中を菊池に告げた。

菊池らスタッフは事態を重く受け止めて、川上さんと大澤さんのダビングビデオを引き取り、お祓いをするという約束をする。

川上さんのダビングビデオの砂嵐部分には小さな顔が2体ほど映り込んでいる。

ところが大澤さんの方の映像には、川上さんのビデオに映っている顔の数が増えた状態で映っていたのだった。

Sponsored Link

☟内容やレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオVer.X3のレビュー
ほんとにあった! 呪いのビデオVer.X3の内容

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。