ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ56の内容ですが、多少、雰囲気が違ったものになっています。

2014年一発目のほん呪であり、スタッフの菊池宣秀が取り仕切る記念すべき一本目の作品になっております。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ56の概要

【発売日】
2014年3月5日

【収録時間】
65分

【監督】
菊池宣秀

【演出】
菊池宣秀

【構成・編集】
菊池宣秀

【演出捕】
川居尚美
森澤透馬
増本竜馬

【タイトル制作】
山崎聡子

【音楽・音響効果】
ボン

【製作】
張江肇
鈴木ワタル

【プロデューサー】
宮田生哉
岩崎正敬

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

大女

【投稿者】
福田英彦さん

投稿者が友人たちと供にコテージに宿泊した際の撮影されたビデオ。

具合の悪くなり寝ている友人の寝顔をとろうと、部屋にいくとそこにはとんでもないものが待ち受けていた。

あるはずのないモノ

【投稿者】
下村知里さん

投稿者が恋人と供にドライブの帰りに撮影された映像。

突然、急ブレーキをかけ外に出た恋人と投稿者だが、そこにはヘルメットが落ちていたのだが・・・。

リベンジ

【投稿者】
安藤舞さん

投稿者は亡くなった兄の携帯から見つかった映像の調査を製作委員会に依頼。

それはリベンジポルノを彷彿とさせるものであったが、調査すると次々と新事実が発覚していく。

シリーズ 監視カメラ 商店街

【投稿者】
藤井誠司さん

商店街に設置された監視カメラの映像である。

それはあるホームレスの男性を映し出しているものであるが、奇妙な事象を捉えてしまうことに・・・。

手鏡

【投稿者】
大森慎二さん

投稿者が以前に付き合っていた恋人と撮影したビデオ。

公園で鏡を拾った恋人がそれで遊んでいると、そこには恐ろしい何者かの姿が映り込むのだった。

バックカメラ

【投稿者】
前田幸雄さん

投稿者の車に設置されたカメラ映像である。

ある立体駐車場に駐車しようとした際、隣の車に不可解に映り込む少年がいた。

夜の住民

【投稿者】
近田博さん

投稿者がある歓楽街のバーで捉えた映像である。

足元を気にする一緒に飲んでいる女性につられて、カメラを向けると恐ろしいものが現れていた。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ56のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ56のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。