ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ53のネタバレです。

スタッフたちの動きも慌ただしくなり、急展開を迎えるメインエピソード【失われた仔ども達】の他にも多くの見所がある巻となっています。

Sponsored Link

ほん呪53の各章のネタバレ

おことわり

本作品は、投稿された映像をそのままの状態で紹介しているため、画像の乱れやノイズなどが生じる場合がありますが、あらかじめご了承ください。

これからご覧いただくのは、一般の視聴者より投稿していただいた映像です。

ご覧いただいた後、不可解な出来事や霊的現象が起きた場合、こちらでは一切の責任を負いかねます。

本作品はお祓いを済ませております。

血だまりの女

意味深なナレーションからコーナーは始まる。

投稿者の阿久津さんは恋人と供に自宅の屋上で、流星群を一眼レフカメラで撮影しようとしていた。

その模様を別カメラで記録していたのだが、それが何気なく向かいのアパートに向いた際、そこに後ろ向きに佇んでいる女性の姿が映り込む。

その女性の背中がみるみる内に血に染まっておき、カメラの方を振り返る様子が捉えられていたのだ。

阿久津さんは投稿映像を数年前に撮っていたそうだが、それ以降、悪いことばかり起きるようになっていたと証言している。

復讐

投稿者の高桑さんにファミレスで演出の岩澤宏樹が取材する様子からコーナーは始まる。

高桑さんの携帯電話に知らないアドレスからメールが届いていたという。

そのメールには動画が添付されていた。

動画の内容は数人の高校生が、誰かをイジメている様子を捉えたものであった。

最初はぼやけて見えなかったものの、徐々にハッキリとしてきたときに分かったという。

それは、高校時代の高桑さんと友人が同級生をイジメている時の映像であったということを。

高校の時、一緒にイジメていた友人にも、同じ動画が送られてきていた。

イジメていたグループの他の友人は動画が送られてきた後に交通事故に遭っているということも聞いたのだという。

そして、後に分かった事であったが、高桑さんたちがイジメていた同級生は、その後、引きこもって自殺をしていた。

岩澤が軽く高桑さんに説教を言った後に、問題の動画のメールアドレスをカメラに向ける高桑さん。

問題の映像がここで紹介される。

学校内のトイレの中で三人が一人をイジメている様子が映し出されている。

頭を抱えて尻もちをついている少年に対して、デッキブラシを使ってその身体をこすりつけるイジメグループの一人。

動画の音声とは明らかに違う別のくもった男性の声が動画に流れっぱなしになっている。

イジメは更に水を出したホースを少年に向けて、キックを加えたりする陰惨な光景が流れる。

至近距離から撮影されているにも関わらずに、イジメグループのただ一人もカメラに全く気付いていない。

更に、カメラがトイレに備え付けてある鏡にレンズが向くが、本来、そこに反射で映り込むはずの撮影者の姿がないのだ。

そして、まるで落下する様にカメラがトイレの床を捉えて、映像は途切れる。

高桑さんと他のイジメに加わっていた友人たちは、スタッフが紹介した霊能者の元で厳しい除霊を受けているという。

シリーズ監視カメラ 地下駐車場

あるマンションの地下駐車場に設置された監視カメラの映像。

白黒の映像の中にはマンションの住人たちの様子が流れるのだが、画面中央に停車している車に一人の男性が乗り込む。

そして、発車する際、その車を見つめているかのような半透明の女性が現れる。

更にその女性は消えた後に、発進した車の助手席に座っており、その顔は左右にブレているという奇怪な映像が収められていた。

Sponsored Link

失われた仔ども達 中編

前編のあらすじが流れる。

投稿者の梅木さんの恋人である安部さんが怖い話の出処の可能性が高いと見た岩澤は、梅木さんに詳しく安部さんのことを聞くことに。

ファミレスで再度、取材インタビューをとっている様子から始まる。

岩澤は梅木さんに安部さんの住所を教えて欲しいと告げると、梅木さんは安部さんの住んでいる場所を知らないと述べる。

怪訝な反応を示す岩澤に対して、梅木さんは安部さんとの馴れ初めを語る。

元々、出会い系サイトで知り合った仲であり、外で会うようになり、梅木さんの誕生日が近いという話になった。

その時に安部さんが梅木さんの家で誕生会をしようということになり、投稿映像が撮られたという経緯であった。

安部さんとは付き合ったばかりであり、直接会った回数は5~6回しかないという短い期間の仲でだったという。

岩澤は梅木さんから、安部さんに関する情報を聞き出そうとするも、梅木さん自身があまり安部さんのことをよく知らない状態であった為に調査は困難を極めた。

携帯が繋がらなくなった今、梅木さんが知っている安部さんの情報はパソコンのメールアドレスと東京のどこかの施設で介護関係の仕事をしていること位であった。

その後、安部さんのパソコンのメールアドレスに演出補の川居尚美が直接、取材を申し込む内容のメールを送った。

しかし、返信が来ることが無かった為に、安部さんの行方を捜す為に東京の介護施設の方面から調査をすることと相成る。

川居と演出補の井ノ上謙介と押木大輔の三人がかりで膨大な都内の介護施設に電話をかけたが、安部美沙という同姓同名の職員はいなかった。

しかし、郊外の老人ホームで名前が似ている女性がいることを突き止める。

安部さんに名前が似ている女性は去年の六月頃に急に職場を辞めているという。

梅木さんと安部さんが知り合ったのは去年の七月下旬頃ということで、もしかしたら関係があると岩澤は感じる。

そこに押木がある推理を岩澤に語る。

それは梅木さんに偽名を使っており、安部美沙という名前の方が偽名であり、老人ホームで働いていた女性の名前の方が本名ではないのか?と、いうことであった。

その後、岩澤と押木は、安部さんとよく似た名前の職員と仲が良かった老人ホームの職員・菅沼祥子さんに取材を敢行する。

菅沼さんによると、彼女が仕事を辞める前、急に体型がふっくらとしてきて、お腹が出始めていたという。

その様子を見て菅沼さんは子供が出来たのではないか?と思っていたそうだ。

菅沼さんは彼女に妊娠しているのか?と聞いてみても、はぐらかされてしまったという。

徐々に彼女は体型を隠すような服装をし始めたことから、菅沼さんや他の同僚もおかしいと感じ始めた。

すると彼女は突然、長期休暇をとるようになり、仕事にこなくなってしまった。

菅沼さんは施設側に聞いてみると、彼女は急な病気にかかり入院するという理由で休んでいるのだという。

その後、仕事復帰した彼女はお腹も元通りに戻っていたが、子供の話は一切なかったという。

復帰後、半月後には辞めてしまったという問題の彼女。

菅沼さんは問題の彼女が映っている動画が保存されているSDカードを押木に渡した。

それはだいぶ前の職場の送別会の際、カラオケに行った時の映像であるという。

押木はその場でノートパソコンに繋いで、映像を確認。

映像を見た押木は岩澤に問題の女性は安部さんであると断言する。

岩澤は菅沼さんに怖い話を安部さんから聞いたことは無いか?と、尋ねるが、菅沼さんは全く聞いたこと無いと返答。

ここで菅沼さんからもたらされた映像が公開される。

送別会の流れでカラオケボックスで楽しんでいる職員たちの姿が流れるが、カラオケの選曲をしようとしている安部さんの姿もそこにある。

その際、安部さんの頭部が半透明にすけて、そこに重なる様に異形の物体が出現しているのだ。

菅沼さんから安部さんが住んでいた自宅マンションの住所をきいた岩澤と押木はそこに向かう。

ここで一旦、コーナーは停止する。

寝言

大学生の投稿者・成瀬さんが友人の家でお酒を飲んでいた際、撮影した映像。

お酒飲んで時が過ぎた後、友人が怪談話をしだした。

怪談話が終わった後、成瀬さんが『おばけなんて絶対にいない!』と断言する。

すると、女性の声で『いるよ』と聞こえてくる。

それに対して、困惑する友人たちの様子が流れるが、酔いつぶれて寝ている友人の奥に横を向いた女性の顔が映り込んでいる。

女性の声で『いるよ』と聞こえた際、酔いつぶれている友人の口元が微かに動いている。

寝ている友人の身体を借りて、現れた女性の霊がその言葉を呟いたというようにも見えるのだが。

成人

投稿者の田波さんが幼い頃に七五三のお祝いの際に撮影された映像。

田波さんによると、この映像は最近になり両親に初めて見せられたものであるという。

ある理由から両親は長らくこのビデオを封印していた。

問題の映像は田波さんの袴姿の記念写真を自宅の押し入れの前で撮影した時に現れる。

田波さんの背後から子供の影のようなものが現れ、それが画面左に消えていく。

両親はこの映像の不可解な点を不安に感じて、神社にもっていくと、田波さんが成人を迎えるまで決して見せてはならないし、処分してもいけないと警告されたという。

神主に両親は、田波さんには子供の霊が憑りついており、成人を迎えるまでは決して離れないものであり、子供の霊の供養のためにもビデオは大事に保管することを告げられたのだそうだ。

Sponsored Link

遺された呪いのビデオ

匿名の投書と供に一本のビデオテープが製作委員会に送られてきた。

ビデオテープのラベルにはいびつな文字で『呪いのビデオ』と書かれ、投書はノートに雑に書かれたこんな文章が。

呪いのビデオスタッフの皆さんへ

初めまして。
気味の悪いビデオがあるので、送らせて頂きます。
僕は以前、遺品整理業者で仕事をしていたのですが、
その時40歳くらいの男性の部屋のいひん整理を
行なうことがありました。
どこにでもある普通の部屋で、いつもの様に
片付けているとビデオテープが何本か出てきて
その中に「呪いのビデオ」と書れたものが
ありました。
ぼくは「ほん呪」ファンなので、最初それを
「ほん呪」をダビングしたものかと思いました。
それで、こっそり家に持ちかえったのですが、
中には全く別の変な映像が入っていたんです。
とにかく見てみてください。
持っているのが怖くなったので送ることにします。
このビデオには、何か呪いのようなものが
あるのでしょうか?。

手紙は誤字や脱字などが目立つ汚い文面で書かれた内容であった。

問題の映像は陸上競技の模様を撮影した白黒の荒れたもの。

画面が切り替わった時に、その端に場違いな女の子の姿が捉えられている。

そして、画像が乱れる度に、カメラの方に向かってくる。

その女の子はカメラの目の前まで近寄って来るのだった。

映像の終わり際には、不可解な音声も録音されているが、これを逆再生にすると男性の声で『許してください』と聞こえるもので、それに続き女性の含み笑いがしっかりと音に現れているのだった。

失われた仔ども達 続・中編

サングラスをかけた岩澤とカメラを回す押木は、安部さんが住んでいたマンションを訪ねる。

しかし、そこは既に別の人間が住んでいた為に隣人に聞き込みをすることに。

すると安部さんは去年の七月頃までいたという。

岩澤は隣人に安部さんが当時、妊娠していなかったか?ということを尋ねると、去年の春頃、安部さんのお腹が大きくなっていたことを隣人は見ていた。

その後も安部さんの身辺を調べてみたものの、出産をしたという形跡は見当たらなかった。

Part52で紹介した自殺した同級生のAさんの内容がフィードバックされ、投稿者の外崎ゆかりさんの高校の同級生であるAさんは誰の子か分からない子供を宿して自殺したことを繰り返す。

しかし、その後、調査の進展はなく、月日が流れたが、ある日のこと。

安部さんから製作委員会にメールが届いた。

たった二行の文章で、英字やカタカナ、ひらがながグチャグチャに誤入力されたように書かれているものであったが、〇〇のコンビニに明日夜10時にわたしたいものがあるという辛うじて要望が分かる内容であった。

その日の深夜、川居からあることが岩澤に告げられる。

それは今回の調査から外れたいという要望であった。

川居は怖い話と妊娠に何らかしらの因果関係があることに不安を感じていた。

私も一応、女なんで・・・ちょっと・・・あの、その実際に自分に何かあるかも?と考えるとちょっと・・・怖いなというのが。

岩澤の残念そうな苦言に対して、川居は今回は今までのと違うといい、あくまで調査から外れる姿勢を崩さない。

岩澤は川居が調査から外れることを承諾し、押木と井ノ上にも調査続行の意志の確認をする。

押木は『僕は大丈夫です。』と即答をする。

井ノ上は『僕はもう怖い話、殆ど聞いちゃったし・・・まぁ、でも・・・僕も大丈夫です。 誰とも結婚しないんで・・・。

と、不安そうな表情を浮かべながら岩澤に調査の続行の意志を見せる。

翌日の夜、岩澤と押木と井ノ上は安部さんにメールで指定されたコンビニに向かった。

岩澤の指示の元、待ち合わせ場所には井ノ上が待機して、岩澤と押木は車の中で待機することに。

指定の時間である10時になったが、安部さんは現れない。

しかし、30分ほど経過した時に、井ノ上の回すカメラの前に安部さんは何かを手に持ちうつむいた状態でやってきた。

井ノ上の前にやってきた安部さんは『メールくれた人ですか・・・?』と呟くようにいう。

手に持っていた物を井ノ上に渡した後に、走ってその場を逃げるように去っていく安部さん。

車の中でそれを見ていた岩澤と押木は追跡することに。

横断歩道で岩澤と押木と井ノ上に囲まれて、立ち止まる安部さんであるが、信号が青になったと同時に再びお腹を抑えながら逃走する。

岩澤がカメラを回しながら安部さんに状況と取材の説明を必死に説明する。

それを撮りながら同じく安部さんを追う井ノ上は激しく転倒する。

おまえ、何やってんだよ! おい!』と岩澤の叱責が井ノ上に飛ぶ。

岩澤の問いかけは段々と激しさを増していくものの、安部さんは立ち止まろうとせずに苦しそうにお腹を抱えながら、小走りを続ける。

安部さんの前方に回り込む様な形で岩澤がお腹の子供のことを問い続けると、安部さんは『ごめんなさい!ごめんなさい・・・ごめんなさい!』と連呼するようになる。

すると再び安部さんはダッシュしはじめて、岩澤たちを振り切ろうとする。

岩澤は追跡をするが、岩澤も転倒してしまう。

はやくいけって!』と岩澤は叫び、押木と井ノ上は安部さんを追跡するも、暗闇の公園内の中に逃げた安部さんを見失ってしまう。

井ノ上は岩澤に安部さんから寄こされた物を見せる。

それは茶色い紙袋を乱暴にガムテープでグルグル巻きに封じているものであった。

押木はガムテープを剥がして、中を確認するとそこには一枚のDVDが入っていた。

スタッフルームに戻ったスタッフは、DVDの中身を調べてみることにする。

MacのどこにDVDを入れていいのか分からない押木の姿と、ドライブの位置を指差す井ノ上の様子。

DVDの中にはJPEGの画像データが入っていた。

その写真は安部さんと梅木さんとは違う男性とのツーショットの様子が写されているものだったが、そのどれもが顔の部分が歪んでいたり、モヤがかかっていたりしているのだった。

更にDVDの中には動画ファイルもあり、それが公開される。

映像は真っ黒であるが、音声は水の中に潜った時の様な音が鳴り響いている。

突然、赤ん坊の泣き声が轟き、生まれたばかりの赤ん坊のアップ映像が映り込んでいる。

再び映像は真っ黒になり、赤ん坊の泣き声だけが鳴り響いて終わるという様な動画であった。

その後、ある不可解な封筒が送られてくるのだが、ここで本編は終了する。

次巻予告

岩澤の回すカメラの前に押木と井ノ上がどこかのマンションを訪ねている様子の映像が流れる。

そして封筒の中の手紙には驚くべきことが書いてあったというナレーションの後、傘を振り上げて威嚇する黒幕と呼ばれる男の映像が映り込む。

ほんとにあった! 呪いのビデオ54の予告編はそこで終わる。

Sponsored Link

☟内容やレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ53のレビュー
ほんとにあった! 呪いのビデオ53の内容

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。