ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ44のネタバレですが、いよいよ川居尚美が登場すると供に菊池宣秀が復活を遂げる巻となります。

そして、これまで長きに渡り謎であった27 -Twenty Seven-の最終章を迎える作品であります。

Sponsored Link

ほん呪44の各章のネタバレ

おことわり

本作品は、投稿された映像をそのままの状態で紹介しているため、画像の乱れやノイズなどが生じる場合がありますが、あらかじめご了承ください。

これからご覧いただくのは、一般の視聴者より投稿していただいた映像です。

ご覧いただいた後、不可解な出来事や霊的現象が起きた場合、こちらでは一切の責任を負いかねます。

本作品はお祓いを済ませております。

閃光

投稿者の外崎さんが五年前に友人が入院し、お見舞いした際に撮られたビデオである。

問題の映像は和やかな雰囲気の外崎さんと友人の談笑の様子に不意に現れる。

カメラが友人を映している際、一瞬、白い閃光が画面全体に走る。

それらは数回、映像内に起こっているのだが、三回目の閃光の時には、友人の肩にのっかるように、何者かの手だけが出現しているものであった。

この映像が撮影された直後、友人は重い病を患っていることが分かり、一年後、彼女は命を落としたという。

シリーズ 監視カメラ 自動追尾型カメラ

ある会社に設置された監視カメラの映像である。

この会社の監視カメラは不審者が侵入した際は、その人物を追尾する機能が備わっている。

被写体を追う様にレンズが動き映像を撮り続けるというものだ。

問題の映像は何故か無人の社内の一角をカメラが追う様な画が流れ続ける。

しかし、うっすらと映像内には黒いモヤのようなものが認められる。

それは徐々にうつむいた女性の身体となっていく様子が現れているのだった。

スカイツリー

投稿者の増田さんが彼氏と供に浅草付近にデートに出かけた際に撮影した映像である。

浅草を回った後、建設途中(2011年当時)の東京スカイツリーを見学しにいったという。

演出の岩澤宏樹が増田さんの自宅を訪れて取材を敢行する様子からコーナーは始まる。

増田さんによると撮影をしていたのは彼氏であり、浅草寺にいってから、彼氏と供に東京スカイツリーを見にいった際、彼氏はカメラの電源をきり鞄にしまいこんだ。

ところが電源は切れておらずに、それに気づかぬまま、撮影しっぱなしであったという。

しかし、鞄内を映し出してるカメラには血に塗れたような男の姿がしっかりと捉えられていたということであった。

問題の映像は確かに真っ暗な鞄内に奇妙に映り込む男の顔半分が映り込んでいる。

その目は明らかにカメラを睨みつけているかのように見開いており、その顔は血に塗れているように見える。

この映像を撮ったあと、増田さんの彼氏は信号無視の車に撥ねられるという不幸に遭ってしまったという。

Sponsored Link

追跡録 後編

前回までのあらすじが映像とナレーションの解説と供に流れる。

演出の岩澤宏樹と元演出補・渡邊利枝が神社から戻ってきた数日後のこと。

神社のいわれを岩澤と渡邊に教えてくれた古賀さんから連絡が入った。

その連絡内容を岩澤がカメラに向かって解説する。

それは問題の神社が何者かに荒らされたという出来事が発生したということと、その前日に古賀さんに電話がかかってきたということであった。

電話の主は男性であり、古賀さんに『やないばこはあるか』と尋ねてきたという。

古賀さんは何のことか分からないことを告げると、そのまま電話は切れたそうで、これらのことが何か関係があるのではと感じ、岩澤に連絡したということであった。

やないばことは『柳筥』と書き、すずりや経典などを収める為に使う箱のことである。

時折、御神体を入れる箱としても使われる特殊なものであるという。

Part42で渡邊がよく見る夢の中で語った部分に『やわいやこをもやせ』というものがあった。

それは『やないばこを燃やせ』という意味であったのではないかという結論に達する。

岩澤と渡邊が神社を訪れていた際に、二人の前に姿を現し、渡邊を殴った人間が日向さんであると仮定。

その後、古賀さんに柳筥の存在を確認したということからすると、日向さんは柳筥を探しているのでないか?という推論を岩澤は出した。

岩澤は今後の調査の為に、渡邊が入院によって離脱した今、新たなメンバーを募集。

演出補として阿草祐己と川居尚美が岩澤の元にはせ参じ、調査をすることとなった。

岩澤は阿草と川居と供に、もう一つの神社があった場所へと向かう。

2時間以上の登山をしている際、誰かがマーキングの為に付けた長いテープの存在を確認する岩澤と阿草と川居。

道からも外れたときには日は落ちていた為に、テントをはることにする岩澤と阿草と川居。

川居の顔には疲労の色が見えており、その表情は堅い。

その後、カメラを止めて就寝するが、数時間後、阿草が岩澤を起こす。

慌てる阿草はテントの外で川居の声が聞こえたというが、岩澤は不機嫌そうに阿草に疑問を投げかける。

テント内から川居の姿が消えていた為に、岩澤と阿草は辺りを探すことにする。

阿草は川居の携帯電話にコールするも、出ない。

すると、川居の帽子が落ちていた為に、懸命に付近を捜索することに。

ここで一旦、コーナーは停止する。

峠の怪

投稿者の木下さんが彼氏と供に関東地方の峠へドライブした際に撮影したビデオである。

スタッフルームに木下さんを招き、取材をする模様からコーナーは始まる。

木下さんによるとドライブ中、デジタルカメラで撮影していたが、彼氏が急にブレーキを踏み車を停めたという。

彼氏は何かが車の前を横切ったからであるというが、車を降りて辺りを確認しても何かを轢いたわけでもなかったという。

ドライブから帰ってから木下さんが聞いたところによると、峠では何年か前にペットの葬儀業者の人間が犬の遺体を大量に遺棄したという事があったということであった。

木下さんはその大量遺棄の事柄と、今回の投稿映像に映りこんだ奇妙な現象と関係があると考えているのだった。

問題の映像は木下さんが彼氏に向けてカメラを回し、楽しそうに談笑をしている様子を映し出している。

その後、彼氏が驚いて車を急に停める。

木下さんはカメラを回しながら彼氏と供に車外に出るのだが、その際、車のヘッドライトが道路を照らしている。

カメラが車の進行方向の道路に向くと、そこには真っ黒い四つん這いの動物の影が三体映っている。

それは明らかに木下さんたちから背を向けて歩いている様子が映っていたのだった。

富士登山

投稿者の安倍さんは夫婦で夏場、富士山に登山にやってきた。

問題の映像は安倍さんが富士山にある休憩ポイントでカメラを回している時に現れる。

遅れて安倍さんのいるところにゆっくりと歩いてくる妻を捉えている際、カメラが横に不意に振られる。

そこには、明らかに空中に浮かんでいるかのような人影が確認できる。

そして、その人影はまるで手を振っているかのような様子で映り込んでいたのだった。

Sponsored Link

ピアノ

投稿者の黒沢さんが20年前に撮影したホームビデオの映像である。

それは自宅のピアノを使って娘や親戚の子供が演奏している様子を記録したものである。

問題の映像は親戚の子供がピアノから離れて、娘が一人で演奏する際に現れる。

軽快にピアノを弾いている娘の左手から青白く光る手が供に鍵盤を弾くかのように映り込んでいるのだった。

屋上遊園地

投稿者の日野さんが親戚の子供を預かった際、デパートの屋上遊園地で撮影したビデオである。

無邪気に遊ぶ子供を追って撮影している日野さんであるが、問題の映像は車のおもちゃに子供が座った際に映り込む。

車の運転席に座り、子供がハンドルを持った際、左のフロントウィンドウにハッキリと白黒の男の子の悲しげな表情が現れている。

楽しげに遊ぶ日野さんたちに誘われて、浮遊する霊が映り込んでしまったとでも言うのだろうかというナレーションと供に終了。

続・追跡録 後編

川居を求めてテント周辺を動揺しながら探索する岩澤と阿草。

その時、阿草の携帯に電話がかかってくる。

それは川居からであるが、途中で切れてしまう。

阿草が電話で聞いたのは川居は誰かを見つけた為に、後をつけたそうだが、途中で電話は途切れて男の声で阿草に『関わるなって言っただろ・・・』と聞こえてきたという。

川居に電話をかけ直しても出ない為に、再び岩澤と阿草は探索すると、川居は気を失い森の中で倒れ込んでいた。

岩澤と阿草が川居を叩いて目を覚まさせようとしているが、その様子を誰かが見ていた。

それに気づいた岩澤が追跡をするものの、見失ってしまう。

半分、意識を取り戻した川居をテントに連れて行き、何が起きていたのかの説明を求める岩澤。

それによると、テントで就寝した際、外で物音がしているのを気づいた川居。

岩澤と阿草を起こそうと思ったが、よく寝ていたので、様子だけ見に行こうと外に一人で出たという。

山の奥に歩いていくと、懐中電灯の光が見えたので近づくと、その人間は走り出したという。

顔は見てないし後ろ姿だけであったが、男であると感じた川居。

男の存在を見失ったが、その時に阿草から着信があったのに気づき、かけ直したという。

その時に後ろから衝撃が走り気を失ってしまったということであった。

岩澤と阿草と川居は夜の山中を、男を求めて探索することに。

何者かが張り巡らしたマーキングのテープを辿ると、そこにはPart34の山荘跡地で見たテントと同じものが張られていた。

そしてテントの傍にはシャベルと、それで掘られたと思われる大きな穴と、何かを燃やした跡があった。

すると川居がテントの中に落ちていた携帯電話を発見する。

それは元演出補の菊池宣秀の使っていた携帯電話であった。

数週間後、スタッフルームにいた岩澤の元にある連絡が入った。

泣きながらカメラに向かって状況を説明する岩澤。

菊池が病院におり、無事に見つかったというものであった。

2,3日で退院できるということであり、泣きながら岩澤は『皆さん、本当にご迷惑をおかけしました。』と思いの丈をカメラに告白した。

菊池は路上で倒れているところを警察に保護されたという。

そして、菊池が27歳の誕生日を迎えてから後のこと、スタッフルームを訪れてきたのは退院した彼であった。

御迷惑をおかけしました。』と、岩澤に頭を下げる菊池は、これまでの経緯をカメラの前で話した。

26歳の誕生日を迎えた直後から、黒い虫が目の前や身体の周りに飛び回っている幻覚を見るようになったという。

その原因が例のビデオテープにあると考えた菊池はPart33で公開された様に、倉庫からビデオテープを持ち出した。

捨ててしまおうと思っていた菊池の元に、日向さんからメールが届いたのだという。

全て教えてやるから山荘跡地にこいという様な内容であった。

その時についでにビデオテープを返してやろうと思った菊池であったが、その時辺りから記憶がないという状態であるという。

菊池の携帯電話がテントから見つかった事に関しては、山荘跡地で日向さんと菊池が接触をした際に、菊池が落としたものである可能性が高いという。

それを日向さんが持ち去ったということであるようだった。

そして、菊池が27歳の誕生日を迎えた日、日向さんからメールが届いたという。

そこにはたった一言『ハッピー・バースデー』と書かれていたメールであった。

また、菊池が見つかってからは、渡邊も例の夢をみることがなくなっていたということである。

渡邊が登場し、夢を見なくなった前後を岩澤に語る。

最後に夢を見たのは、山で殴られた辺り。

その時に見た夢はそれまでの夢の続きの様なものであり、『やわいやこをもやせ』といった後に、日向さんがそこでしゃがんで泣いている感じであったという。

渡邊が考えるに、渡邊が見ていた夢は、記憶を無くした菊池が見ていた光景ではないかということであった。

日向さんが本当に探していたものとは、同じ痛みを共有している誰かの存在であったということと考えられる。

数か月後、製作委員会の元に一通の手紙が届く。

それは呪いのビデオPart32から34を見た視聴者からのものであった。

内容は問題の山荘は自分の祖父が経営していた山荘であるというものであり、祖父はかつて山荘近くに会った社を管理していた人物であるという。

視聴者の彼はかつて幼い頃に祖父に言われていたことは、社の中には大事な箱があり、絶対に開けてはならないものであるということ。

中には『子供の血』が入っており、中を開けると化物が起こって、引きずり込まれると教えられていたというのだ。

それこそが例の柳筥(やないばこ)であり、過去、子供の頃に菊池、柏木さん、日向さんはそれを開けてしまった為に呪われてしまったという見解に行き着く。

ここで、制作会社スタッフの沢田慶が岩澤にある報告をする。

それは編集スタッフの大杉東からの連絡であり、菊池が映っている取材映像におかしなことが起きているというものであった。

呪いのビデオPart32で菊池が話している箇所に起きているということであり、それは菊池の顔が上に伸びる形で歪んでいるというものであった。

それは、以前に柏木さんの恋人がスタッフに提供した柏木さんの顔が歪むものと酷似している様に見える映像の歪みである。

スタッフルームには仕事に復帰した菊池と渡邊、そして新メンバーの阿草が仕事に勤しむ姿が映し出される。

そして、中村義洋のナレーションは『これからも新体制となったほんとにあった! 呪いのビデオ製作委員会を見守っていただきたい』と言い、阿草が岩澤に書類を渡すシーンが流れる。

それはかつて岩澤が演出補だった頃にトップであった児玉に書類を渡すシーンを踏襲しているかのようなシークエンスである。

阿草はスタッフルームに飾られていた菊池の遺影の様な写真立てを伏せる。

数週間後、岩澤に一本の電話が入る。

それは日向さんの元恋人である小池さんからであり、日向さんの自殺体が見つかったという報告であった。

遺書などは存在せずに、Part42で岩澤と渡邊が訪れた日向さんの実家の倉庫で首つりしていたというものであった。

呪いはまだ続いているのか・・・?という一抹の予感を醸し出しつつ、白黒の菊池の写真が現れて本編は終了する。

Sponsored Link

☟内容やレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ44のレビュー
ほんとにあった! 呪いのビデオ44の内容

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。