ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオの4作目は病院に特化した内容。

サブタイトルでも分かるように病院で撮影されてしまった怪奇映像や体験談を紐解いていくという構成になっています。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ4の概要

【発売日】
2000年4月22日

【収録時間】
55分

【監督】
中村義洋

【構成、演出】
中村義洋、鈴木謙一

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【スタッフ】
小作憲司、渡辺まどか
今井久、神林尚

【音楽】
原田智弘

【プロデューサー】
木谷奈津子、大橋孝史

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

現在、生活している人の多くは病院で生まれて、病院でその最期を閉じるわけです。

その中には志半ばにして命を落とした人間もいれば、未練があって亡くなっていく人間も数多いことです。

そんな人間の思念がうずまいていると言ってもいいのが病院というものであるといえる。

ほん呪4は、そんな病院で起きた様々な怪奇話や心霊映像を紹介する特化型ビデオとなっています。

 

現在は医師を退いている、元某大学病院医師・峰尾勇氏のインタビューから始まる。

各コーナーの合間に峰尾勇氏が実際に体験した不思議な話も交えながら、本編は進行していく。

待合室

【投稿者】
朝井順子さん

待合室の監視カメラの映像を元看護婦の投稿者から送られてきた映像。

そこにはかつて事故によって両足を無くしたはずの幼い子供のそれが映し出されている。

診察室

【投稿者】
大橋正さん

大学病院の研究生からの投稿映像。

回診の最中を記録した映像であるが、診察室の窓のカーテンに異形のものが姿を表している。

レントゲン写真

【投稿者】
峰尾勇さん

不可解な患者のレントゲン写真を紹介。

そこには映り込むことがありえない謎の文字が刻み込まれていたが・・・

リハビリ室

【投稿者】
大久保淳一さん

投稿者は元理学療法士であり、その時に撮影されたビデオ。

歩行訓練を行う患者たちがうつっているのだが、備え付けの手すりにそこにはいないはずの人間の手がうつりこんでいた。

Sponsored Link

ナースコール

元看護婦の森本康恵さんがスタッフの取材に応じ、現役当時の夜勤の不可解な怪奇談話を告白。

鳴りやむことが無いナースコールが発せられる、その病室では実は・・・

病室

【投稿者】
吉本健二さん、久保恭江さん

投稿者の吉本さんが入院中に同僚の久保さんがお見舞いにきてくれた模様を撮影。

その病室に備え付けてあった鏡にはおかしな物体が姿を表していた。

誰もいない筈の病室から

現役看護婦である鍋野洋子さんの実際に遭った心霊体験。

病室のベッドからは亡くなった患者のあるはずのないものが発見されたが・・・

病棟の窓に・・・

【投稿者】
吉田悟さん

カラオケ映像を制作している吉田さんからの投稿。

女性モデルが出演している背後の建物の窓に奇妙なものが映り込んでいる。

その建物は古い病院であったということが分かったが・・・。

手術室

【投稿者】
峰尾勇さん

元医師の峰尾氏がスタッフに提供した手術記録のビデオ。

執刀医の背後にくっきりと表れたのは、何と・・・。

霊安室

不可解な出来事が絶えない某病院に勤務する現役看護師・田代尚美さんと青木一美さんの体験談を紹介。

協力を得て、スタッフが怪奇現象が特に頻発する霊安室にカメラを設置したのだが、そこには・・・。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ4のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ4のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。