ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ31の感想レビューとなります。

個人的にはメインエピソードの映像はかなりエグいものであると感じています。

ほん呪シリーズの中でも屈指の衝撃的な映像が視聴できる巻であると言えるでしょう。

Sponsored Link

ほん呪31の各章のレビュー

ストリートミュージシャン

私も音楽を7年間やっていたことがありましたが、どうもストリートでやるというのは性に合わなかったので良さがイマイチ分からないわけですが、それはおいておいて。

夢を抱く若者と、それを陰ながら応援する投稿者の関係性が映像から滲み出ている気がしてて、それは素直に美しいと感じました。

問題の映像はそんな雰囲気をぶち壊すかのようなものであり、怖いとは感じるレベルではありませんでしたが、その後のミュージシャンの末路が悲惨そのもの。

アルバイト先で事故に遭って指を切断というエグい後日談に、何をどう捉えていいのやらという感じで凹まされます。

バスケットボール

真っ赤な女性がキャットウォークから見下ろしているかのような映像はインパクト絶大です。

微笑ましくも青春を感じさせる様子の中に、こうしたミスマッチな霊が現れているというのは、背筋が凍り付く気分を感じる方々も多いのではないかと思います。

クモ膜下出血で亡くなった部員が過去にいるという具体的すぎるプロットも、その恐怖度を増長させていると思いますよ。

障害者マラソン

肝心要の映像は見ればみるほど、しっかりと顔つきが判明してきて絶妙の気持ち悪さがあります。

アスファルトに映り込むその様子は、どこか少々、違和感もあったりしますが、気持ち悪さ、インパクトではかなりのものに仕上がっていると感じます。

しかし、障害者マラソンの際に映り込むこういう顔に関しては、何をどう形容して捉えていいのかまるで不明ではありますが・・・。

冥界へとつながる森

投稿者の娘である幸恵さんが母におくるメッセージの映像の構図自体が、既にただならぬ気配があるコーナーです。

画質も微妙によろしくないのも手伝ってか、まだ肝心要の箇所が公開されていない時点で嫌な予感がしてしまうのが見て取れる雰囲気です。

投稿者の母親や婚約者の証言VTRそのものは割と淡々としていて、特に印象深い点はなく、ストーリーも淡々と進んでいくのですが、それもこれも後半の為にタメに入っているというような演出が感じます。

後編の感想はのちほど。

Sponsored Link

日暮れる動物園

仲睦まじい若者カップルのはしゃぐ姿は見ていて気持ちいいものです。

まるで若い時の私と女房のような感じでありますが、問題の映像はなかなか興味深いものです。

ナイトスコープの映像に切り替わり厩舎に人の影が映るわけですが、確かに不思議に思えますが、もしかしたらこれ本当に係員であってもおかしくないな・・・と感じたり。

特にそれ自体には違和感はなく、霊と見ようと思えば見えるし、人間が単純に映り込んでいると思えばそう見えるというものです。

心霊スポット トンネル

若い時は兄と一緒にほん呪に影響されて、カメラを持って肝試しをしたのは私も同じです(笑)

そんな投稿者の気持ちが痛いほどよく分かるわけですが、この投稿者のとったものは、非常に驚きの影像です。

合成にしても非常にナチュラルに映り込んでおり、映像の溶け込んでいるんですよねぇ。

普通にレベルの高い心霊映像であると感じるわけですが、さすがにこの位では微動だにし亡くなった私は完全にある意味、やられてるのかも知れない(笑)

シリーズ 監視カメラ アダルトビデオショップ

こうした客層を選んでいるショップに勤めている人間だからこその心理がよく表現されていますね。

いちいち客のことは覚えていないのがバイト心理であると思いますが、以前にトラブルを起こしている常連客は実はス〇ト〇マニアということで苦笑交じりに話す投稿者のその心境はよく分かる気がします。

生活感があり生々しいと感じるわけですが、問題の映像はなかなかのインパクトを誇っています。

実際に私なんかは普通に歩いている客の首から下を合成などを駆使して消したと感じているわけですが、それを抜きにしても映像そのものは非常に衝撃的です。

更に常連客といさかいを起こした投稿者の同僚が映像を発見したあとに、バイク事故で半身不随になっているというエピソードは、やはりエグいと感じずにいられません。

Sponsored Link

サンバ

問題の映像は全く怖いとは感じないまでも、他の見物人の膝の高さに、スーツ姿の男性の上半身だけが他の見物人と同じ様、サンバを見物しているというシュールな構図に圧倒されます。

以前にも書きましたが、私はほん呪の投稿映像の9割はフェイクと思っているわけで、このコーナーの紹介映像もフェイクと思っていますが、それにしてもこの構図を作ってみるというそのセンスは素晴らしいと思います。

ご丁寧にネクタイまでしているという細かさもただただ圧倒されるばかりです。

続・冥界へとつながる森

映像のインパクトと恐怖度はこれまでのほん呪の恐怖映像の中でもTOP10に入るくらいのものです。

実際に映像は明らかに合成であると判別できますが、それにしても怖すぎて頭が痛くなる位です。

更に岩澤が児玉に取材報告をする際、後ろに女性の影が映り、間髪入れずに音声が流れるという奇襲攻撃は、弥が上にも視聴者は吃驚させられるわけです。

コーナーの最後に明らかになる幸恵さんが自殺した山の伝承は少々、無理にまとめる為にすぐに作った感が見えてしまってパンチに欠けるわけですが、エグすぎる問題の映像はフェイクで合成であると分かっていても見るに堪えない凶悪な破壊力があることは必至です。

私の場合はここまでの衝撃映像を見ると頭が痛くなったり、左腕に違和感を感じたりするのですが、人によっては心臓や胃にくるという類のものあるかと・・・。

Part31にして児玉、岩澤コンビの本領発揮と言う感じにも思えてきてしまうわけです。

総評

Part31は全く菊池が出ていないのですが、おそらく続く3部作の準備をしていたのかな?と素人目に思えてしまうわけです。

加えてこの巻のテーマというか印象は『エグい』という言葉がよく似合う位に、やたらと障害という生き地獄を彷彿とさせる作りが色濃く出ていると感じます。

映像そのものは既にで尽くされている感があるので、こうしたエグイエピソードを盛り込みだしたというのが、特徴的ともいえるのではないでしょうか?

Sponsored Link

☟ネタバレや内容は以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ31の内容
ほんとにあった! 呪いのビデオ31のネタバレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。