ほんとにあった! 呪いのビデオ3の内容

ほん呪三作目から大きく変わった点。

ナレーションが高橋眞三樹から構成と演出を務める中村義洋が担当することになったことでしょうか。

三作目もどこか実験的な感じのコーナーもありながら、パンチが効いていたりするものも含まれています。

Sponsored Link
i

ほんとにあった! 呪いのビデオ3の概要

【発売日】
1999年12月22日

【収録時間】
54分

【監督】
中村義洋

【構成、演出】
中村義洋、鈴木謙一

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【スタッフ】
小作憲司
渡辺まどか、今井久

【タイトル】
神林尚

【音楽】
原田智弘

【プロデューサー】
木谷奈津子、大橋孝史

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

第1作目の主要エピソード【白い着物の女】を観た一部の視聴者の異変を取り上げた取材映像から本編は始まる。

ビデオを通して呪いが連鎖していっているという様な演出が目を見張りますが、ある意味、これも一つの購買戦術であるとも言えるのですが・・・。

野球場に現われる少年

【投稿者】
小峰千賀子さん

投稿者の知人がプレイしている草野球のナイター。

応援しに行った際、試合模様を撮影していると、ナイターの灯りに交えてグラウンドに少年のような物体が出現した。

車の窓にはりついた手

【投稿者】
西田裕子さん

車の免許を取ったばかりの投稿者が先輩にビデオを回してもらっていた。

偶然通りかかった山道の事故現場に遭遇した後に後部座席の窓に奇怪な何かが映り込んでいた。

運動会の8ミリフィルムに・・・

【投稿者】
御室公子さん

投稿者の御室さんが小学2年生の頃の運動会模様が収められていた8㎜フィルム。

父親が当時撮影していたものを見ると、そこにはそこにいるはずのない少年の顔が・・・。

闇に浮かぶ男の顔

【投稿者】
太津円香さん

学校のサークルの仲間たちとの肝試しの様子をビデオ撮影。

肝試しということなので、参加者を脅す役割の人間もいるのだが、明らかにそれとは違う者の姿もそこに・・・。

Sponsored Link

心霊写真が撮られた現場にて

【投稿者】
小川奈々子さん

場所 東京都某城跡公園

戦没者を供養する為に建てられた公園を以前、訪れた投稿者が友人にとってもらった写真。

そこに奇妙なものが映り込んでいたために、スタッフと供に再び訪れて見たが・・・。

屋根裏にうごめく人の顔

【投稿者】
上田安夫さん

害虫駆除を生業とする投稿者が、とある依頼人の住む家の屋根裏を撮影。

本来は駆除するポイントを見つける為のものであったが、恐ろしい顔が映り込んでいた。

カップルを見つめる女の横顔

【投稿者】
土橋孝司さん

とあるラブホテルの一室で撮影されたと思われるカップルの映像。

行為に及ぼうとする彼らであったが、もう1人、この世のものとは思えない女もそこにいたのだが・・・。

いるはずのない男の声

これは一般視聴者から投稿されたものではなく、あるラジオドラマの収録の際に入り込んでしまった奇怪な声を紹介。

問題のラジオドラマを当時、制作していたスタッフへの取材模様を紹介する。

ビデオレターから見つめる目

【投稿者】
水戸英樹さん、水戸奈緒さん

若夫婦が結婚前、遠距離恋愛をしていた頃に撮影されたビデオレター。

投稿者の背後に置かれた本棚の隙間から、恐ろしい女の目が映り込んでいた。

Sponsored Link

4人いる

【投稿者】
中島敦子さん、岡田則智さん

投稿者が友人たちとキャンプに行った時に撮影された不可解なビデオ。

撮影者と他のメンバー含めて4人なのだが、何故かビデオ内には4人で映っている映像が紛れ込んでいるのだが・・・。

仏壇の遺影の顔が・・・

【投稿者】
上野美知代さん、松山里枝さん

投稿者の上野さんが子供を連れて、実家を訪れていた際に撮影されたビデオ。

以前に亡くなった父親の遺影が映った際に、明らかに考えられない状態に変化しているのが捉えられている。

襲い掛かるラップ音

【投稿者】
田戸正浩さん、勝田珠美さん

投稿者の勝田さんの誕生日を祝うために集った友人達。

家で飲み会をしている最中にラップ音が鳴り響き、勝田さんが何やらおかしなものを目撃し狼狽するのだが・・・。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ3のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ3のレビュー

z\a