ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオSpecial 1から、僅か2か月後にリリースした ほん呪6。

完全に売れ行きに乗じて、フルスロットルで作品を作りまくっていることが伺えるわけですが、本作もパンチの効いている仕上がりを見せているようです。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ6の概要

【発売日】
2000年10月22日

【収録時間】
50分

【監督】
中村義洋

【構成、演出】
中村義洋、鈴木謙一

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【スタッフ】
大吉悟司、渡辺まどか

【機材】
小作機材

【音楽】
原田智弘

【プロデューサー】
木谷奈津子、大橋孝史

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

リリース順としては5 -呪われた学校篇- 、ほん呪Special 1、今回の6ということなので、始まりはSpecial 1での主要エピソードとなった大山邸事件を見た視聴者からの反響の凄さをアピールする形で進んでいきます。

反響の中にはSpecial 1で収録されていた映像の中に、霊が映り込んでいる箇所があるという指摘を霊媒師の中田節子さんと供に分析していく。

再生できないビデオテープ

【投稿者】
K.Mさん

亡くなった彼女が交通事故の際に残したビデオテープ。

投稿されたそのテープは彼女のビデオカメラでしか再生できないという奇妙なものであったが・・・。

廃病院

【投稿者】
伊藤忠信さん、藤沢公一さん

若者グループが肝試しに行った際に撮影されたビデオ。

途中、道に迷って廃病院に迷い込んだが、そこでとんでもないことが起きた。

花火

【投稿者】
山田千恵子さん

花火大会で打ち上げられていた光景をビルの屋上から撮影。

しかし、その花火が輝く夜空には奇妙な人影が浮かび上がっていた。

ビデオレター

【投稿者】
大原美代子さん

投稿者の娘が孫の姿を見せようとして撮影したビデオレター。

その映像の中にはかつて供に暮らしていたペットの姿が映り込んでいた。

Sponsored Link

除霊

【投稿者】
中田節子さん

Special 1で登場し協力者となった中田節子がスタッフの元に持ち込んだビデオ。

撮影場所では除霊を行っていたが、その途中で数多くの怪現象が捉えられていた。

オーディションビデオ

【投稿者】
下谷さやかさん、岩田奈々子さん

投稿者たちがオーディション用にカラオケボックスで撮影。

撮影途中から只ならぬ気配に戸惑いをみせていたが、ビデオにはとんでもないものが・・・。

レインコート

【投稿者】
張本律子さん

河原でのバーベキューの様子を撮影していた投稿者たち。

そこでレインコートをきた子供の霊を目撃したが、その後の盆踊りの会場でも同じ子供が現れたという。

パート3より

【投稿者】
三上哲さん

ほん呪3で紹介された【いるはずのない男の声】が撮影されたスタジオで、再び奇怪な現象が起きた。

そして、ついに不審な死を遂げる者が表れてしまった!

6の最後に・・・

Special 1の反響の中で指摘のあった心霊映像の中でも、特にインパクトの強いと思われるものを最後に紹介。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ6のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ6のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。