ARTICLE

前回のほん呪4は病院をテーマに構成されていましたが、5は怪談では定番ともいえる学校に焦点を絞っています。

怪談や心霊というのは、やはり子供が喜ぶ香ばしいネタであるということが見て取れる内容となっています。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ5の概要

【発売日】
2000年6月22日

【収録時間】
50分

【監督】
中村義洋

【構成、演出】
中村義洋、鈴木謙一

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【スタッフ】
小作憲司、渡辺まどか
今井久、井口綾子
大吉悟司、神林尚

【音楽】
原田智弘

【プロデューサー】
木谷奈津子、大橋孝史

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

今回は学校篇ということですが、前置きもなく作品再生後、すぐにコーナーに突入するという簡略化したスタートで始まります。

卒園式

【投稿者】
広瀬良美さん

投稿者の広瀬さんの1985年当時の卒園式の模様を記録したビデオ。

父親が撮影していたのだが、カメラのフラッシュの中に、信じがたい奇妙な物体が映っていた。

音楽室

【投稿者】
大久保裕二さん

投稿者の少年が自らレポートをする形で通っている中学校の音楽室を捉えた映像。

ビデオカメラを夜の音楽室に仕込んでおいたのだが、そこには・・・。

焼却炉

【投稿者】
滝田洋子さん、田所由美さん
【撮影者】
東友広さん

こちらは女生徒2人と男性生徒1人の3人による、やはりレポート形式で投稿された映像。

投稿者の学校では焼却炉に噂があるためにそれを検証していくものであるが・・・。

カルチャーセンター

【投稿者】
山口るみこさん

Pカルチャーセンターの職員である投稿者から寄せられたビデオ。

ある講義中の模様を録画していたが、その時、教室の窓に奇妙な手がうつりこんでいた。

Sponsored Link

放送室

【投稿者】

小川徹さん

とある中学校の校内放送に奇妙な声が混入した。

実際にスタッフらが放送室に投稿者ら放送部員の協力を得て、取材を試みる。

そこはかつて曰くつきの場所と関係があったようだが・・・

入学式

【投稿者】
助川理恵さん

投稿者が中学校へ入学したときに撮られたビデオ。

投稿者が撮影し、他の友人と談笑してた時、投稿者に重なるようにして奇妙な顔が入り込んでいる。

【投稿者】
山下洋幸さん

深夜に不思議な人影が窓にうつりこむという噂がある学校。

スタッフは問題の影がうつる窓がある部屋に監視カメラを設置するが・・・。

校庭

【投稿者】
鈴木貴博さん、鈴木美由紀さん

小学校の校庭開放の際、投稿者が子供を遊ばせている時に撮影された映像。

そのときにいるはずのない男の声が響いたのだ。

学芸会

【投稿者】
山根奈津子さん、山根憲司さん

投稿者の子供が通っている小学校の学芸会模様を捉えたビデオ。

その際、舞台からこの世のものとは思えない何かが映っていた。

タイムカプセル

【投稿者】
脇田公平さん

1990年に小学校で作られたタイムカプセルの中にはビデオが入っていた。

そのビデオは10年後の自分に向けてのメッセージを生徒たちが記録していたもの。

10年後に掘り返されてたビデオを見ると、その中の一人の生徒にある変化が起きていた。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ5のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ5のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。