ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ41のスタッフなどの作品詳細と各コーナーの内容です。

児玉和土の最後の作品でありますが、割と控えめで淡々とした進行であるのが印象的な回です。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ41の概要

【発売日】
2011年3月4日

【収録時間】
58分

【監督】
児玉和土

【構成・演出】
児玉和土

【演出捕】
長田明子
石井俊二

【編集】
庄司薫

【編集・MAスタジオ】
TSP

【音楽・音響効果】
荒井佑
大杉東

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
宮田生哉
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

クラシックバレエ

【投稿者】
投稿者不明

差出人が不明な奇妙な投稿映像が届けられた。

その中に収録されていたものは、一人の女性がバレエを練習している様子であったが、信じられない事象が記録されていたのだった。

ひとりかくれんぼ

【投稿者】
広井智之さん、新垣学さん

インターネット上で囁かれ始めた『ひとりかくれんぼ』を実際に行った投稿者の映像。

一年後に全く同じ映像の投稿がスタッフの元に寄せられるのだが、そこには何とある共通項が調査によって判明することに・・・。

霊域

【投稿者】
沢口慶司さん

大学生の投稿者が合宿に行った際に記念で撮影したビデオ。

夜、宴会が行われた際の余興の模様が収められているのだが、そこには何と不可解な物体が現れているのだった。

巨女

【投稿者】
今村誠子さん

投稿者とその友人たちは旅行に向かった際、コテージ風のホテルに宿泊。

その際、室内でゲームなどをして盛り上がっていたが、そこに不意に現れたのは想像を絶する程に身長の高い不気味な女の姿であった。

Sponsored Link

アメリカの友人

【投稿者】
高遠瑤子さん

投稿者がアメリカに留学した友人とビデオチャットをしていた際に捉えた映像。

何と映像では友人が消えてしまう瞬間が捉えられているのだが、それと同時に恐ろしい何者かの手も映り込んでいたのだった。

シリーズ 監視カメラ 残像霊

【投稿者】
上村真宏さん

投稿者がかつてキャバクラ店を経営していた時に捉えた監視カメラの映像。

元従業員であるキャバ嬢が接客をしている模様が記録されているのだが、彼女の足にある異常が起きているのだった。

出生祝い

【投稿者】
松永幸子さん

投稿者が赤ん坊の時に撮影された記念のホームビデオ。

出生祝いの過程で神社に家族と向かった様子であるが、そこには存在していない筈のもう一人の女の姿が・・・。

パントマイム

【投稿者】
戸田光輝さん

投稿者が友人に頼まれて、動画サイトにアップロードする為のパントマイムビデオを撮影していた。

撮影中、不可解な現象が起きてしまうのだが、以後、友人は消息を絶つことに・・・ところが調査によって明るみになった事実が驚くべきものであった。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ41のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ41のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。