ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ40の内容です。

2010年最後のほん呪作品であり、新鮮なテーマを使ったメインエピソードが印象的です。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ40の概要

【発売日】
2010年12月3日

【収録時間】
57分

【監督】
児玉和土

【構成・演出】
児玉和土

【演出捕】
長田明子
渡辺美穂
伊月肇

【編集】
庄司薫

【編集・MAスタジオ】
TSP

【音楽・音響効果】
荒井佑
大杉東

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
宮田生哉
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

社員旅行

【投稿者】
亀山智宏さん

投稿者が社員旅行に行った際に記念に撮影したビデオ。

同僚と和気藹々と楽しんでいる様子が映し出されているが、その場にはいないはずの女性の姿が・・・。

硫化水素

【投稿者】
金井浩太さん

投稿者が恋人と供に友人のアパートを訪れた際に撮った動画。

飲んでる最中に恋人に異変が起こったが、その時に信じられないものが映り込んでしまう。

うつりこむ眼

【投稿者】
葛西敦さん

恋人と供に冬のお祭りに遊びに来た投稿者が回していたビデオ映像。

テンション高くはしゃぐ投稿者のかけている眼鏡に何かが映り込んでしまうのだが・・・。

自然発火

【投稿者】
井上春香さん

投稿者夫妻が椅子を購入した際に、不自然なことが起きるようになった為に、ビデオ撮影をすることに。

すると、火の気がないにもかかわらずに椅子は発火するのだが、映り込んでいたものはそれだけではなかった。

Sponsored Link

夏の川原

【投稿者】
松本武史さん

投稿者は学校の仲間たちとともに真夏の川原で遊んだ際の様子を映像に記録。

仲間の一人の背後にいるはずのない人の顔が現れていたのだった。

ハウススタジオ

【投稿者】
佐々木隆太さん

自主映画の撮影を頼まれた投稿者であるが、その際に不可解なものを捉えてしまう。

その後、監督を務めた女性が不可解な夢を見る様になってしまったというのだが。

シリーズ 監視カメラ レンタルオフィス

【投稿者】
桂木信也さん

レンタルオフィス内を監視するカメラ映像が寄せられた。

オフィスを使うサラリーマンが帰宅時、室内の灯りを消すと、そこに現れたものは・・・。

夜の池

【投稿者】
幸孝博さん

友人たちとともに投稿者が立ち寄った池で遊んでいた際に撮影された映像。

楽しくカメラを回し遊んでいる中、唐突に友人の一人が池に飛び込んでしまうという奇妙な行為に出てしまう。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ40のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ40のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。