ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ38の内容になります。

夏の定番・ほん呪三部作の第二本目でありますが、映像の恐怖度は抑えられており、ストーリーに勢いがついている作風です。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ38の概要

【発売日】
2010年7月2日

【収録時間】
60分

【監督】
児玉和土

【構成】
児玉和土
猪原健太

【演出】
児玉和土

【演出捕】
伊月肇
長田明子
板倉由佳

【編集】
大杉東

【編集・MAスタジオ】
TSP

【音楽・音響効果】
荒井佑
大杉東

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
宮田生哉
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

シリーズ 監視カメラ 雑居ビルの廊下

【投稿者】
伊東克美さん

ビルの警備を仕事にしている投稿者から寄せられたビデオ。

ある古びたオフィスビルの廊下を監視する映像であるが、そこにはいないはずの人間が歩いている様子が映し出されていた。

夜景

【投稿者】
香川義彦さん

投稿者が恋人と美しい夜景スポットでデートをしている際に撮影した映像。

夜景の見える丘の頂上で彼らが出くわしたのは、恐ろしいこの世のものではないものであった。

Sponsored Link

大学ゼミ

【投稿者】
木下悦子さん

ある大学ゼミ内で記録された研究発表の模様を捉えた映像である。

発表をしている女性を淡々と捉えているのだが、その映像は突然、変化し、まるで何かを予兆するかのような映像に変貌する。

狂死のビデオテープ 暗躍

Part37からの続編である。

演出補の前に現れた心霊博士の娘はある人物に脅迫をされていた。

その人物に直接向かい合うことになるスタッフの面々であるが、常軌を逸した事態を垣間見ることになる。

焼身自殺

【投稿者】
五十嵐浩太さ

投稿者が公園でバーベキューをしている時に撮影したビデオ。

楽しそうに楽しむ投稿者とその仲間のベンチから、過去に起きた事件を彷彿とさせるあるものが現れているのだった。

吹奏楽

【投稿者】
槇原友紀さん

とある中学校で開かれた演奏会を記録した映像。

凛々しく司会をする女性の背後に、この世のものとは到底思えない恐ろしい女の顔が映っていた。

黒死女

【投稿者】
斉藤朱美さん

投稿者が彼氏と供に温泉旅館に行った際に撮影したビデオ。

起こしても目覚めてくれない彼氏の布団を剥いだ投稿者が捉えたものは、凄まじい形相の人の顔であった。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ38のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ38のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。