ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ23はそれまでの雰囲気を踏襲しつつも、細部まで拘りを見せているそんな作風が特徴といえます。

ここでは大まかな概要などを一挙、紹介していきましょう。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ23の概要

【発売日】
2007年3月2日

【収録時間】
80分

【監督】
児玉和土

【構成・演出】
児玉和土

【制作担当】
広岡知人

【編集】
児玉和土

【演出捕】
大谷直樹
岩澤宏樹
横田則幸
泰俊子

【編集協力】
岡田光平

【編集・MAスタジオ】
東洋レコーディング

【音楽・音響効果】
スギモトトモユキ

【製作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
木谷奈津子
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

パリ観光

【投稿者】
斎藤祐実さん

新婚旅行でパリを訪れた夫婦が撮影した投稿ビデオ。

移動の際、地下鉄に乗り込んだ彼らの映像に映りこんだものは、恐ろしいものであった。

シリーズ 監視カメラ コインランドリー

【投稿者】
佐野俊治さん

コインランドリーに設置された監視カメラの映像である。

夜、人がいなくなったランドリー内に置かれた乾燥機には、あるはずのないものが存在していた。

カラオケボックス

【投稿者】
元木祐介さん

男女大所帯の若者グループがカラオケボックスでどんちゃん騒ぎをしている様子を記録したもの。

携帯電話の動画撮影機能で撮られたものであるが、画面の端にあることを彷彿とさせる奇妙な足がハッキリと現れている。

Sponsored Link

ボクシングジム

【投稿者】
山村秀一さん

投稿者の友人がボクシングの練習に励む姿を撮影したビデオである。

サンドバッグにパンチを打ち込む友人の背後の鏡にとんでもないものが映り込んでいるのだが・・・。

廃神社

【投稿者】
吉井清花さん

投稿者の親友の女性が彼氏と供にドライブに出かけた際に撮られた映像。

問題の映像が撮影された廃神社にスタッフが調査に乗り出すが、そこで・・・。

文化祭

【投稿者】
木村晋さん

投稿者は母校に立ち寄ったが、丁度、文化祭を行われていたためにカメラを回した。

活気溢れるその場にどこかおかしい女性の姿と男性の顔が現れているのだ。

鉄棒

【投稿者】
柴崎瑞江さん

投稿者の息子が公園で遊んでいる様子を捉えたホームビデオ。

鉄棒を使って身体を動かしている息子の奥に映る大木に信じられないものが映り込んでいた。

花火族

【投稿者】
三井淳さん

夏に河原で花火をして騒ぐ若者グループが捉えた映像である。

花火が炸裂し一瞬辺りが明るくなった瞬間、その場にはいないはずの何者かがカメラに映り込むのだが・・・。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ23のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ23のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。