ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ20は従来の福田陽平の構成が戻ったかのような作りになっているといえます。

19ではどこか迷走していた雰囲気でしたが、それを踏まえた上で作られたもののようにも思えます。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ20の概要

【発売日】
2006年6月2日

【収録時間】
66分

【監督】
福田陽平

【構成・演出】
福田陽平

【撮影】
福田陽平

【録音】
長尾風汰

【編集】
福田陽平
大竹周一
青柳光昭

【演出捕】
丸中つよし、佐野亨
中晶子、近野恵美

【構成協力】
永江二朗
佐上佳嗣

【編集・MA】
東洋レコーディング

【音楽・効果】
DRA Music Factory
大庫具祥

【制作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
木谷奈津子
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

 

焼け残った怨霊

【投稿者】
藤岡涼さん

ある若者グループが真夜中の廃病院に入り、ビデオ撮影をしていた。

院内を探索中、地べたを這いずりながらカメラをみつめる恐ろしい物体を捉えていた。

スタント

【投稿者】
緒方学さん

投稿者はスタントマンであり、ある収録の最中、アクシデントに見舞われた。

実際にその際、撮られた映像には明らかに不自然な物体が姿を現していたのだった。

私がもう一人・・・

【投稿者】
中島理沙さん

友人と供に横浜に遊びにきた投稿者はその際、映像にその模様を記録していた。

カメラを固定し遊んでいた仲間と集合写真を撮った際、何故かいる筈のない箇所に投稿者の顔が映り込んでいた。

暴力の理由

【投稿者】
K.Yさん

夫の家庭内暴力に悩んでいた妻が、証拠集めとして自宅にカメラを仕掛けて隠し撮りをしていた。

妻に激しい乱暴を働く夫であるが、暴力をふるう前の夫の顔には明らかに不自然な変化が生じていたのだ。

Sponsored Link

お料理会

【投稿者】
川村加奈子さん

ある老人だけで催された料理会の様子を記録したビデオ。

昔からの知り合いや友人たちだけで楽しそうに料理を作る映像の中に、奇怪なものが映り込んでいたのだ。

教育ビデオ

【投稿者】
前田幸子さん

スタッフの元に同じ内容の投書がされていた。

それはある教育ビデオをみた人たちからによるものであり、それを受けたスタッフはビデオを制作した会社を割り出そうとするのだが・・・

シリーズ監視カメラ 誰もいない会社に・・・

【投稿者】
木村裕二さん

警備員をしている投稿者は深夜、建物を巡回中に奇妙な体験をする。

監視カメラの映像を見直してみると、いる筈のない人間の影が映っていたのだった。

添付された呪い

【投稿者】
遠藤望さん

投稿者の通う中学校ではチェーンメールが流行っていたのだが、それは見た者に不幸をもたらすものであった。

調査をするスタッフも信じられないアクシデントに見舞われてしまうのだが・・・。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ20のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ20のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。