ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ18は、ついに黒狐との直接対決が主題となるものになります。

福田陽平の構成では珍しい派手な演出が特徴でもあると感じます。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ18の概要

【発売日】
2005年11月4日

【収録時間】
60分

【監督】
福田陽平

【構成・演出】
福田陽平

【撮影・編集】
福田陽平

【録音】
長尾風汰

【編集】
酒川卓真
佐上佳嗣
福田陽平

【車輛】
飯島桂
相田勝康
加藤悠

【演出捕】
丸中毅、中晶子
門間しのぶ、濱田千裕

【協力】
横田直幸

【編集・MA】
東洋レコーディング

【音楽・効果】
DRA Music Factory

【制作】
張江肇、鈴木ワタル

【プロデューサー】
木谷奈津子
磯田修一

【ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

 

黒狐の終末

これまで、ほん呪のスタッフの元に大量の脅迫文書を送り付けてきた黒狐という人物。

ついに黒狐との直接接触を試みることに成功し、これまでの出来事に終止符をうつ顛末までを公開する。

98話目に現れた霊

【投稿者】
秋山昌子さん

怪談を100本語り、1本終わるたびに蝋燭を1本消すという百物語を行っていた投稿者たち。

その模様をビデオ撮影していたが、98話目の途中である異変が起き始める。

シリーズ監視カメラ 最上階に向かう霊

【投稿者】
岡山浩二さん

心霊現象が頻発するあるマンションの監視カメラが捉えた映像。

誰もボタンを押していないはずのエレベーターだが、何故か最上階に向かうという奇妙な現象が捉えられていたのだが・・・。

取り残された座敷わらし

【投稿者】
木村幸太郎さん

ある家の解体模様を最後の記念として撮影していた投稿者家族。

寂しそうに見つめる家族であったが、瓦礫の中から不意に少女の様な奇妙な影が映像に映り込む。

Sponsored Link

ビデオレター

【投稿者】
高木響子さん

単身赴任している夫に向けて投稿者は息子を撮影したビデオレターを送っていた。

その際、公園で撮られたビデオに、我が子の背後に不気味な少女が映り込んでいたのだった。

エコー映像

【投稿者】
S.Kさん

投稿者が妊娠中に撮影されたエコー映像。

その映像の中に奇怪な人間の顔のような影が映っていたのだが、その後に子供は突然死を遂げたというのだが・・・。

覗く瞳

【投稿者】
岩崎順二さん

中学の同級生らと温泉にいった投稿者はその様子をビデオに撮っていた。

食堂で雑談をしている際、背後に彼らを見つめる不可解な目をしっかりとカメラは捉えていたのだ。

呪われた家

【投稿者】
西山圭介さん

投稿者のグループは有名な心霊スポットに赴き肝試しをしていたという。

その際に奇妙な出来事に遭遇し、逃げ出した際に撮られた映像には明らかにいるはずのないもう一人の存在をとらえていた。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ18のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ18のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。