ARTICLE

ほんとにあった! 呪いのビデオ14は非常に変則的な演出が目立っている回になります。

所謂、これまでがストレートなものであるならば、今回は変化球だらけでのアプローチといえるのですが。

Sponsored Link

ほんとにあった! 呪いのビデオ14の概要

【発売日】
2004年12月3日

【収録時間】
60分

【監督】
坂本一雪

【構成・演出】
坂本一雪

【撮影・編集】
坂本一雪
西村善廣

【演出捕】
籐屋敷隆志
横内靖典

【制作】
小泉史香

【協力】
市井秀昌、大室光未
大矢大介、荒川祥子
西村映造所

【音楽】
赤犬Lights

【プロデューサー】
木谷奈津子、大橋孝史

【監修、ナレーター】
中村義洋

【発売・販売元】
株式会社ブロードウェイ

 

事故現場

【投稿者】
船田雅司さん

投稿者が車で仕事帰り途中に事故現場に遭遇。

携帯電話の動画撮影機能で、その現場を映像に記録していたが。

ところが問題は外ではなく、車内に起きていた・・・。

白い影

ほん呪 Special5で公開された【日本人形】を見た視聴者からの指摘を紹介。

日本人形の取材以後、取材スタッフらの周りには様々な事象が起きているのだが・・・。

マーゴン | MA-ON

【投稿者】
川田光成さん

巨大台風が上陸した際、投稿者はその模様を記録に収めようとカメラをもち豪雨の中、外へ。

その際に撮られた映像の中に、恐ろしい奇怪なものが映り込んでいたのだった。

安普請

【投稿者】
有田進一さん

投稿者が友人の家で行われた飲み会の際にデジカメと携帯のカメラの2台で、その模様を記録。

その際、互いの映像には不可解な物体が映り込んでいたが、それを調査したスタッフがあるものを発見する。

Sponsored Link

酔払い

【投稿者】
伊沢敦志さん

友人達との飲み会の後に泥酔した友人の一人。

繁華街の路上で無様な姿を見せていた模様を友人の女性が撮影していた。

その際、彼女の足元にはある変化がおとずれていた。

頭のおかしい老人

【投稿者】
平井沙織さん

投稿者が海外留学を控えた従兄弟を尋ねた際に撮られたもの。

室内で何気なく談笑している模様を撮っていたが、部屋の奥に頭部がおかしい老人が座っている。

後になり、その老人を知る人間が誰もいなかったというのだが・・・。

手首

【投稿者】
安田巧さん

一人で暮らしている投稿者が自室の様子を撮影したビデオ。

壁にはシャツをかけていたが、その袖口から何やら奇妙なものが出ていたのだった。

シリーズ監視カメラ 産女(うぶめ)

【投稿者】
F県 道路情報提供サービス

冬のとある田舎の道路に向けて設置されていた監視カメラの映像。

そこには誰もいない路上に巨大な女性のような異形の物体が映り込んでいたのだが・・・。

ふたり

ある投稿者が廃虚に潜入しカメラを回していた。

しかし、一人だけで行ったはずであったが、映像にはふたりの見知らぬ人間の姿がうつっていた。

Sponsored Link

☟ネタバレやレビューは以下のリンクから☟
ほんとにあった! 呪いのビデオ14のネタバレ
ほんとにあった! 呪いのビデオ14のレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。